• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ女の園(第10回)お化けと毒薬

ある高級住宅地にある古風なお化け屋敷を思わせる邸。この家の主は吉川加代である。加代は若くして未亡人になり、膨大な遺産を相続したので、世間から何となく白い目で見られがちだった。そんなことが障害になって、彼女を愛している亡夫の友人・高見沢に心をひかれながらも、ともすれば死を思うようになっていた。その夜、酒に酔って帰ってきた妹の秋子が高見沢を愛していることを知った加代はついに自殺を決意し毒薬を飲む。【以上、読売新聞1961/12/10付より引用】女性心理の複雑なあやを様々な角度から捉えてみせるシリーズ「女の園」(1961/10~)のエピソードのひとつ。【役名(演技者)】加代(楠侑子)、高見沢(内藤武敏)、正彦(宗近晴見)、秋子(標滋賀子)、陽子(初風諄)。
キー局 NHK 放送曜日 放送期間 1961/12/10~1961/12/10
放送時間 22:35-23:20 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 楠  侑子内藤 武敏宗近 晴見標 滋賀子しめぎしがこ)、初風  諄
主な脚本 (作:石山  透
主な演出 関口象一郎
局系列 NHK
制作会社 NHK(大阪放送局)

Tag Cloud

楠侑子 内藤武敏 加代 高見沢 初風諄 標滋賀子 秋子 宗近晴見 吉川加代 友人・高見沢 きた妹 愛す 高級住宅地 晴見 お化け屋敷 毒薬 亡夫 思う 関口象一郎 相続 酔う 障害 女性心理 遺産 白い 角度 あや 捉える ひく 未亡人

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供