• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ京都南署鑑識ファイル(6)華道家元連続殺人!!美女は青いバラの浴槽に浮かぶ?! 月下美人の花粉が語る死体移動の謎…(制作時タイトル…華道家元殺人事件)

京都南署の鑑識官・円城寺りつ子(田中美里)は、上司の志賀主任(小林稔侍)と共に京都で300年の歴史を誇る華道「一条流」の花展(かてん)会場を訪れた。最近、一条流を習いはじめた後輩の常磐康介(長谷川朝晴)に誘われたのだ。実は、一条流の家元は3カ月前に急死しており、この花展の作品によって次の家元が決まるという、一条流にとっては大事な花展だった。その次期家元候補は、3人…。義和の未亡人であり、会員の信頼も厚い一条貴和子(池上季実子)、家元の母親、静子の姪・薫(八木小緒里)、一条流出身のフラワーデザイナーの日向理恵(伊藤裕子)だ。3人が生けた花は、それぞれの持ち味や特徴がよく出ているものだったが、現在、理事長として一条流を牛耳る静子は理恵の作品がことのほか気に入った様子で、貴和子の作品などは一瞥しただけで前を通り過ぎてしまった。翌朝早く、りつ子のもとにホテルの客室で変死体が発見されたという連絡が入る。急いで現場に向かったところ、なんと一条流の家元候補のひとり、薫が青いバラを浮かべた浴槽の中で絶命していた。手首には刃物による傷があり、直接の死因は出血死だったが、その傷の状態から、りつ子は自殺ではなく他殺と考える。一条流の花展は現場のホテル内の会場で開催されており、花の手入れのため、関係者全員がホテルに宿泊していた。刑事課の大山主任(東幹久)らは、やはり跡目争いがからんだ殺人だとにらむ。まもなく、室内に残された指紋から同じ家元候補の理恵のアシスタント・相沢宏樹(古澤蓮)が容疑者として浮上。しかし、そのアリバイが証明され、理恵もまた容疑者リストから外される。そんな中、薫が生前、「自分が家元を継承したら一条家から出ていってもらう」と貴和子に宣告していたことが明らかになり、大山らは貴和子に疑惑の目を向ける。だが、りつ子にとって最も不思議な点は、なぜ薫は青いバラが浮かぶ浴槽で殺害されたのか、ということだった。青いバラは着色料を使用して作られた、特殊なものだった。被害者が着色した花を浮かべて入浴したのではなく、犯人が殺害後、浴槽にバラ浮かべたのだろうか…!? でもなぜそんなことを…!?その謎が解けぬうち、今度は一条流に出入りする生花店社長・西田圭吾(四方堂亘)が他殺死体で発見され、事件は混迷の度合いを深めていく…。【以上、テレビ朝日広報資料より引用】【役名(演技者)】円城寺りつ子(田中美里)、志賀隆造(小林稔侍)、大山主任(東幹久)、玉木刑事課長(黒田福美)、常盤康介(長谷川朝晴)、久坂竜子(茅島成美)、一条貴和子(池上季実子)、日向理恵(伊藤裕子)、桂木彩乃(宮本真希)、一条静子(赤座美代子)、一条薫(八木小緒里)。
キー局 EX 放送曜日 放送期間 2011/08/13~2011/08/13
放送時間 21:00-22:51 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 土曜ワイド劇場
主な出演 田中 美里小林 稔侍池上季実子赤座美代子伊藤 裕子東  幹久黒田 福美長谷川朝晴茅島 成美宮本 真希八木小緒里八木さおり)、古澤  蓮四方堂 亘、(華道指導:澤田 晃映草月流))
主な脚本 福島 治子
主なプロデューサ 菊池  誠アズバーズ)、松野千鶴子アズバーズ)、佐藤 凉一(EX)
主な演出 (監督:伊藤 寿浩
局系列 ANN
制作会社 (制作:アズバーズ、EX)
主題歌 (エンディングテーマ:森山直太朗「花鳥風月」(ユニバーサルミュージック、NAYUTAWAVE RECORDS))
HP

Tag Cloud

一条流 花展 田中美里 貴和子 バラ 家元 浴槽 りつ子 小林稔侍 浮かべる 八木小緒里 理恵 家元候補 一条貴和子 青い 池上季実子 大山主任 日向理恵 伊藤裕子 ホテル 福島治子 静子 東幹久 長谷川朝晴 会場 次期家元候補 作品 義和 現場 殺害

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供