• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ終着駅シリーズ(22) 殺人同盟~理科室の夜の秘密!?刑事が追う3つの完全犯罪!!森村誠一の螺旋状の垂訓

「終着駅シリーズ」第22弾。今回は神奈川県三崎港、長野県海野宿でロケーションを敢行。全く趣きの違う2つの地方が難事件をひとつに結ぶ…。新宿西署管内のマンションで、石岡和枝というホステスの絞殺体が発見された。捜査に当たった牛尾刑事(片岡鶴太郎)は、被害者が高校時代から相当のワルで、仲間の山岡礼子(豊川栄順)と共に、万引きを密告した同級生を深夜の理科室に閉じ込めた事もあったと知る。だが、この騒ぎからすでに13年が経過。今回の事件との関連は薄いと思われた。一向に捜査が進まない中、今度は多摩川河川敷で礼子の撲殺体が発見され…。【以上、テレビ朝日広報資料より引用】「シリーズ第22弾の定番企画で、ファンの心をつかんでいるようだ。森村誠一の小説が原作。片岡鶴太郎が渋い刑事に扮し、殺人事件にかかわる人々の深い悲しみを探り当てる。キャバレーのホステスが殺害された。「モーさん」こと牛尾刑事(片岡鶴太郎)は、ホステスの高校時代、13年前にあったある事件に注目。当時の被害者家族を訪ねるが、今度はホステスの仲間だった女性も死体で発見される。女性は、服のボタンの一つを切り取られて盗まれており、謎を深める。ボタンを持ち去った理由もそうなのだが、終盤はとても切ない内幕が明かされる。全体的に場面展開が早く、視聴者を飽きさせない点がうまい。ただ、残念なのは、登場人物が入り乱れてすんなり理解できないところで、「ながら見」には不向きと言える。【この項、文・岩本哲生氏(「朝日新聞」2009/03/14付「試写室」より引用)】」車輌・ストロングワーク。法律監修・加茂 隆康。撮影協力・三浦市観光協会、みうら映画舎、大谷呉服店、三浦花園、信州上田フィルムコミッション、北国街道海野宿、東御市、マエダオート富士吉田スタジオ、マルフジ新座店、東京都下水道局。
キー局 EX 放送曜日 放送期間 2009/03/14~2009/03/14
放送時間 21:00-22:51 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 土曜ワイド劇場
主な出演 片岡鶴太郎櫻井 淳子桜井 淳子)、岡江久美子矢崎  滋伊藤 裕子角替 和枝秋野 太作津坂 匡章津坂まさあき)、増沢  望徳井  優大寶 智子池田 政典大村 彩子霧島れいか豊川 栄順大西 信満不破 万作蜷川 みほ大門 正明地曵  豪石原 和海笠井 一彦七咲 友梨岩田エツコ紫  とも吉原 朱美宇山 けん浦山  顕浦山 可児)、真田あゆみ川島えりな藤井 真世小鷹こるり岩田 麻衣鈴木 信明大和田 萌、東映アカデミー、トライアルプロダクション、(スタント・藤榮 史哉(JAE)、小野 友紀)(看護指導・石田喜代美
主な脚本 橋本  綾
主なプロデューサ 目黒 正之(東映)、高野 照子(東映)、佐藤 凉一(EX)、塙  淳一、(スチール・田村 光広文化工房))(宣伝・豊島 晶子(EX))
主な演出 (監督・池広 一夫)(助監督・宮坂 清彦)(スクリプター・菅 真彩子
原作 森村 誠一「螺旋状の垂訓」より(集英社文庫)
局系列 ANN
制作会社 (制作・東映、EX)
制作協力 (企画協力・角川書店)
制作 (製作担当・山田 光男、塚本 幸雄)(製作デスク・藤並俊一郎)(製作主任・大橋 和男)
音楽 大野 克夫、(選曲・小原 孝司)(音響効果・阿部 作二大泉音映))(MA・山本 逸美)(仕上協力・映広)(音楽協力・テレビ朝日ミュージック)
主題歌 (エンディングテーマ・BoA「Smile again」(avex trax))
撮影技術 小野  進、(照明・本田 純一)(VE・田中  崇)(録音・遠藤 和生)(編集・松竹 利郎)(VTR編集・来栖 和成)(技術・オーエイギャザリング
HP
美術 赤塚  訓、(装置・坂巻 直人紀和美建))(装飾・高桑 道明大晃商会))(持道具・柴田 礼美)(メイク・入江 正幸入江美粧)、石井 薫子(櫻井淳子担当))(衣裳・村上 晶子東京衣裳))(スタイリスト・斎藤真喜子(櫻井淳子担当))

Tag Cloud

片岡鶴太郎 ホステス 櫻井淳子 牛尾刑事 ボタン 豊川栄順 橋本綾 高校時代 発見 マルフジ新座店 山岡礼子 岡江久美子 仲間 理科室 撲殺体 新宿西署管内 密告 高野照子 捜査 みうら映画舎 経過 女性 閉じ込める 目黒正之 伊藤裕子 事件 明かす 登場人物 矢崎滋 注目

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供