• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ雪ふる里に(雪降る里に)

雪深い山奥の旅館に、東京から青年(清水章吾)が訪れる。正月を過ごすこの客と、主人(佐野浅夫)の対話で、一人の薄幸の女が浮かび上がってくる。ほかに客もいない一軒家、降り続く雪、かわいそうな女、という設定は民話劇によく登場する。過去と現実とをまぜる手法も、舞台劇の発想だ。母親(新珠三千代)といっしょに、青年は以前にもここに滞在したことがある。父をなくした直後の少年時代のことだ。自分はそれっきりだが、母親はどうだったのだろう。冬に一人で旅行に出かけたのは、ここに来るためではなかったか。しゅうと(宝生あやこ)の前で小さくなり、黙々と働くだけだったが、もしや……。数年前に死んだ母の行動を、青年は主人から聞き出す。十七年前に同宿した、親切な男(緒形拳)と密会していたのだ。年に一度だけは人間らしく生きていた事実を知り、息子は感激する。不道徳な行為なのに、こちらもうれしくなる。会話は文章口調。ラジオドラマの感じで、視覚的変化はもう一つだが、力作である。【以上、朝日新聞1975/01/03付「試写室」より引用。署名・(針)】
キー局 NHK 放送曜日 放送期間 1975/01/03~1975/01/03
放送時間 21:00-22:00 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 特集ドラマ
主な出演 新珠三千代清水 章吾岩永 一陽宝生あやこ大森 暁美佐野 浅夫園 佳也子緒形  拳緒方  拳…誤り
主な脚本 (作:楠田 芳子
主な演出 梶谷 典子
局系列 NHK
音楽 (効果:大和 定次

Tag Cloud

新珠三千代 岩永一陽 清水章吾 青年 視覚的変化 宝生あやこ 主人 降り続く 母親 同宿 梶谷典子 佐野浅夫 人間らしい 力作 感激 行為 聞き出す 一軒家 発想 密会 小さい いっしょ 手法 浮かび上がる 大森暁美 旅行 会話 旅館 現実 設定

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供