• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データバツ彼 second time around

安達恭介(高橋克典)はアパレル関係の営業企画室の課長。学生時代はボート部で活躍し女性からの熱い視線を浴びることに慣れた軟派な青年だった。が、その性格が災いし、とうとう妻から離婚されるはめに。5歳になる娘の彩香(三浦成)のことが気にかかるが時既に遅し。離婚で落ち込んでいる恭介に一言多く言ってしまうのがボート部の後輩で保険会社に勤める、山根正博(天野ひろゆき)。夫婦円満が自慢だが、その円満さは奥さんの尻に徹底的に敷かれることで保たれている。慰謝料代わりにマンションを妻に渡した恭介は、学生時代からの友人・佐久間陽平(高嶋政伸)の家に転がり込む。工務店勤務の陽平は恭介とは対照的に硬派。3年前妻に先立たれ心ならずもバツイチになり一人息子で8歳の太一(佐藤勇輝)と2人で暮らしている。しかし子供のためには母親が必要と理由を付けて見合いを繰り返すが、生真面目な性格が災いしてか、いまだに良い返事をもらえた試しがない。ある日、恭介は陽平のマンションで引越しの手伝いをしていた柿崎章子(稲森いずみ)と出会う。章子はマザコン夫・俊貴(阿部サダヲ)との生活に耐えかねて離婚調停を申し立てたが難航中。せめて自立をと思いOL時代からの友人・川口夏樹(真矢みき)が立ちあげる輸入雑貨店を手伝うことになった。夏樹はいわゆる「負け犬」、結婚は既にパス、いい男と遊べれば満足というタイプ。引越しの夜、恭介と夏樹の免疫の無さがキッカケとなり、嫌がる陽平と章子を強引に巻き込んで、4人は出会いの祝杯を上げるのだが…「イイ大人のダメな恋」が始まる。【以上、TBS広報資料より引用、一部加筆。加筆・練馬大根役者】「主題歌の「恋の嵐」は、竹内まりやのシングル(1986)からのカバー曲。【この項、文・練馬大根役者】。車輌・菊池 謙寿、伊藤 壽雄、菅野 圭一、森岡 裕丈、柳沢 栄一。映像協力((6)では協力)・アニメ「鋼の錬金術師」(6)(9)。)各話サブタイトルは以下の通り…第1話「バツイチの彼と恋の予感」、第2話「バツ彼って駄目なカレ」、第3話「嵐を呼ぶキス」、第4話「うっかり浮気をした男」、第5話「15年ぶりの初恋」、第6話「バツの悪い朝帰り」、第7話「男の責任・女の自由」、第8話「産みたい女とダマされた男」、第9話「夏祭りに散った恋」、第10話「取り扱い注意の告白」、第11話「本命は駄目なアイツ」、最終話「世界で一番ライトな恋」。撮影協力・audio-technica.((1)-(9)ではオーディオテクニカ)、東京都井の頭恩賜公園、arcsアークス、GLAD RAGS 吉祥寺(2)-(12)、KEIO京王電鉄株式会社(1)(3)-(8)(10)、大東建託株式会社(1)-(6)、スコットサイド吉祥寺(1)、日本閣(1)、スリーエフ(1)(5)、赤坂陽光ホテル(2)(5)、神楽坂てんたけ(2)(5)、東京ドームシティ アトラクションズ(2)、富士屋商店(2)、新川屋酒店(2)、本家かまどや(2)、えん吉祥寺店(3)、月夜野キャンプ場(4)、足和田ホテル(4)、西湖レークサイドキャンプ村(4)、民宿丸美(4)、杉並和泉町幼稚園(4)、FRESHNESS BURGER(4)、吉祥寺プラザ(5)、ItaLia(5)、TOP(6)、岡商店(6)、2丁目SOZAI(6)、東急建設(7)-(10)、東急C&C(7)-(10)、鴻池組(7)(8)(11)(12)、TOSHIBA EMI(7)、COCOS(7)、ミースクラブ(7)、ケヅカダンスアカデミー(7)、関根産婦人科医院(8)、港北東急百貨店(10)、観音八百屋(11)、ANA(12)、日本空港ビルディング(12)、にしけい(12)、割烹豊利乃(12)ほか。ダンス指導・高橋 欣佑(7)。協力・インナップ。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 2004/07/01~2004/09/16
放送時間 22:00-22:54 放送回数 12 回 連続/単発 連続
主な出演 高橋 克典高嶋 政伸稲森いずみ天野ひろゆき真矢 みき中山  忍(3)(5)-(12)、北川 弘美滝沢 沙織佐藤 勇輝阿部サダヲ(1)-(4)、高林由起子(1)、岡本光太郎(7)、武川 修造(1)(2)(4)-(12)、小熊 恭子(1)(2)(4)-(12)、三浦  成((5)(11)は表示なし、(11)は写真)(1)(2)(4)-(12)、小池 朋子(1)(4)(9)(10)、キャラメルクラッチ足立 麻美あだちあさみ)、松田美帆子上地 春奈)(1)(8)、中村 泰三(1)、シャーリー(1)、天宮 早苗(1)、小倉 星羅(1)、掛田  誠(2)、神野 美紀(2)(5)(12)、工藤あさぎ(2)、波多江 清(3)、木村  翠(3)、五十嵐剋哉(3)、市川 訓睦(3)、加藤清史郎(3)(8)、天端 あえ(4)、片山 美穂(4)、森  喜行(5)、内野  智(5)(12)、浦崎  宏(5)、石川 裕司(5)(6)、高畑 雄亮(5)、上村 愛香(5)、森 富士夫(6)、瀬戸 将哉(6)、島邑 みか(7)、かなやす慶行(8)、松本 知佐(8)、三浦 義徳(11)、生田 茂幸(11)、飯尾 和樹ずん)(11)、しゅくRマニア)(11)、小林 麻耶國光 真耶)(TBSアナウンス部)(12)、高畑百合子TBSアナウンス部)(12)、芸プロ劇団ひまわり劇団いろは、(協力・高橋レーシング(1)(4)(5))
主な脚本 小松江里子
主なプロデューサ 伊藤 一尋、(プロデューサー補・松谷 卓哉)(番組宣伝(番宣)・小林 久幸)(OA宣伝・長谷川浩平)(インターネット・岡尾 昌幸(1)-(12)、鈴木かおり伊藤 孔明)(スチール・今城 秀和
主な演出 清弘  誠(1)(2)、今井 夏木(3)(6)(7)(10)、加藤  新(4)(8)(11)、吉田  健(5)(9)(12)、(タイトルバック・松原 弘志成田 純子)(演出補・武藤  淳(1)-(12)、竹村謙太郎(1)-(4)、佐々木雅之(5)-(12)、田中大二朗大内 舞子伊藤 雄介)(記録・木下真理子(1)(2)(5)(7)(8)(11)(12)、石田 眞理(3)(4)(6)(9)(10)(12))
局系列 JNN
制作会社 (制作・TBS ENTERNTAINMENT(TBSエンタテインメント))(製作著作・TBS)
制作 (制作担当・岩澤 正和、鹿浜  勉(1)(2))(制作主任・的場明日香、綱島 美恵)(制作進行・森脇満理子、船谷 純矢)(制作デスク・小澤 通子)
企画 (編成・渡辺 信也
音楽 (選曲・御園 雅也)(音響効果・赤座 聡子(1)(2)、田久保貴昭(3)-(5)(8)(9)(12)、杉田  毅(6)(7)(10)-(12))(MA・山下  諒(4)-(12))(協力・日音
主題歌 リサ・ローブ「恋の嵐」(英語作詞・Marilyn Martinマリリン・マーティン)、作曲・Mariya Takeuchi竹内まりや)、編曲・Tadashi Namba難波 正司)、(ユニバーサルミュージック))、(挿入歌・ティファニー「マンハッタン・キス」(ユニバーサルミュージック)(7)(9)、アン・ウィルソン「家に帰ろう」(ユニバーサルミュージック)(12))
撮影技術 田中 浩一(1)-(12)、濱道 健一小川 信也上村 信夫高島 一宗、(技術・長瀬 元孝(4)-(12)、本木 明博(1)-(3)(12))(映像・笹井 唯史)(照明・宇野 岳人(1)-(12)、風間 大介鈴木 英敬中根 千聡堀口 敦生森田 典光)(タイトルバック撮影・くさば正彦)(音声・冨田 健吾(1)(2)(5)(6)(9)(10)(12)、福部 博国(3)(4)(7)(8)(11)(12)、矢川 祐介杉村賢太郎)(編集・元山 実大)(VTR編集・川中 健治(1)-(12)、鈴木美耶子)(CG・越智  忍)(タイトルバックCG・保坂久美子)協力・緑山スタジオ・シティ東通。
HP
美術 (美術デザイン・高田 太郎YANG仁栄梁  仁栄))(美術プロデューサー・平野 裟一高田 太郎)(美術制作・やすもとたかのぶ(1)-(12)、渋谷 政史)(装置・熊野 憲治(1)-(12)、佐藤  敦越智 寛之)(装飾・奈良崎雅則(1)-(12)、加藤 大輔伊神 誠司立川 法伸)(建具・宇野景治郎)(電飾・三澤 靖明)(植木・石灰 末展)(生花・遠山  徹)(衣裳・門倉  誠(1)-(12)、関山 真由)(スタイリスト・高見 佳明(1)-(12)、嶋岡  隆(3)-(12)、内田 考昭)(メイク・遠藤 敏子(1)-(12)、上田 深里(1)-(12)、瀬田 純子林崎真理子)(持道具・小沢 友香)(協力・アックス(6)-(12))

Tag Cloud

恭介 高橋克典 陽平 ボート部 高嶋政伸 夏樹 バツ 引越し 章子 バツイチ 災い 小松江里子 稲森いずみ 学生時代 杉並和泉 ダンス指導・高橋 性格 井の頭恩賜公園 遊べる しける マンション 硬派 森岡 離婚 試し 栄一 天野ひろゆき スリーエフ 今井夏木 伊藤一尋

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供