• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ銀座まんまんなか!(銀座まんまん中!)

月島在住の専業主婦・高村うさぎ(奥貫薫)は29歳。一人息子の望(中曽根康太)をいつものように幼稚園に送り、いつものように主婦仲間とランチタイムを楽しんで家に戻ると、思いがけず短大時代の同級生・圭(若林志穂)がやってきた。彼女は勤めていた銀行を辞め、30歳を前に新たな夢に羽ばたくという。そんな圭はうさぎに花屋を一緒に開こうと持ち掛ける。【TBS広報資料より引用】「平凡な主婦ながら突如銀座の老舗和菓子屋の跡取りに指名される主人公・高村うさぎを奥貫薫、その夫でうさぎと共に様々な困難に立ち向かう亮介役に坂上忍。またうさぎの父で銀座兎月堂(とげつどう)の3代目当主・都築寛役には歌舞伎俳優の市川左團次、うさぎの母・幸恵には「こちら本池上署」等での好演も光る伊藤榮子と名優が脇を固める。物語は平凡な主婦・うさぎ(奥貫薫)の元に短大時代の同級生・圭(若林志穂)が訪れるところから始まる。圭は務めていた銀行を辞め、うさぎに一緒に花屋を開こうと持ち掛ける。仕事をすることに対して何の意識も持っていなかったうさぎは圭の勢いに飲まれていく…。その一方で、うさぎの実家・銀座兎月堂では3代目当主の父・寛(市川左團次)がうさぎを4代目当主にしようと画策していた。果たしてうさぎはどちらを選択するのか、まったく別の道を歩き出すのか。様々な出来事に戸惑い、怒り、悩みながらうさぎは人間として成長していく。銀座を舞台に主婦・うさぎの奮闘ぶりをコミカルなタッチで描く、感情移入しながらドキドキハラハラニコニコ見られるドラマ。【TBS広報資料より引用。採録・慶子】」【データ協力:慶子】
キー局 TBS 放送曜日 月~金 放送期間 2003/11/17~2003/12/26
放送時間 13:00-13:30 放送回数 30 回 連続/単発 連続
番組名 愛の劇場
主な出演 奥貫  薫(30)、坂上  忍(30)、伊藤 榮子伊藤 栄子河原崎有稀)(30)、飯田 基祐(30)、若林 志穂若林 しほ)(30)、市川左團次(30)、馬渕 晴子馬淵 晴子)(30)、高橋元太郎(30)、樋田 慶子緋多 景子)(30)、宮本 裕子(30)、久保  晶(30)、藤間 宇宙(30)、吉満 涼太(30)、鈴木 舞花鈴木麻衣花)(30)、中曽根康太(30)、松澤 一之松沢 一之)(30)、朝倉 円夏(30)、かんの梨果(30)、飯田 基輔鈴木 舞花猫田  直宍戸美和公氏家  恵中村 鶴蔵大路三千緒森山 米次今泉野乃香椎名 泰三春海 四方須永  慶長田 奈麻佐藤  裕飯塚俊太郎剛州保苅やすこ保苅 圓子)、綜芸企画(30)、放映プロジェクト(30)
主な脚本 東 多江子(1)-(20)(26)-(30)、扇澤 延男扇沢 延男)(21)-(25)
主なプロデューサ 高橋 史典(KANOX)、小林由紀子岡本由紀子)(リス・プラン)、(アシスタントプロデューサー・宮川  晶
主な演出 猪原 達三(1)-(15)(21)-(30)、釜谷正一郎(16)-(20)、(助監督・天王地俊幸渡辺 三季番場 朋之小嶋 寛郎)(記録・村上 律子
局系列 JNN
制作会社 カノックス(KANOX)、TBS
制作 祷   映、稲葉 有紀、垣本 典一
企画 木村 理津
音楽 塚山エリコ、(選曲・効果・田母神正顕芦田  功)(MA・堀田 元子
主題歌 星村 麻衣「ビリーヴァー」(作詞作曲・星村 麻衣、編曲・ダグラス・カー、(ソニー・ミュージック・アソシエイテッドレコーズ))
撮影技術 西舘 博光、(技術・太田  博)(照明・石井 美宏)(映像・青木 孝憲)(音声・片岡 博司)(編集・紀伊 正志
美術 (美術制作・平川 恵子)(デザイン・清水袈裟寿)(装置・滝沢 博史)(装飾・吉川 康美大町  力)(持道具・忠内  歩

Tag Cloud

うさぎ 奥貫薫 主婦・うさぎ 同級生・圭 若林志穂 坂上忍 市川左團次 持ち掛ける 伊藤榮子 花屋 東多江子 銀座 銀行 扇澤延男 辞める 稲葉有紀 銀座兎月堂 都築寛役 塚山エリコ 実家・銀座兎月堂 祷映 開く 主婦仲間 一緒 短大時代 木村理津 釜谷正一郎 KANOX 高橋史典 画策

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供