• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ夜桜お染

両国で踊りと三味線の師匠をしているお染(若村麻由美)は、6歳の頃に火事で両親を失い、兄とも生き別れた元芸人である。その美貌と芸で「夜桜お染」と呼ばれ、かつては一座の看板であった。お染は南町奉行所同心・笹原弥平(山崎銀之丞)に両親を失った火事について調べてもらうが、やがて出会った吉川帯刀(古谷一行)の口から父が公儀隠密であったことを知る。お染めは父を殺した下手人を捕らえ、行方不明の兄を探すため、帯刀のもとで隠密になる決心をする。【以上、時代劇専門チャンネル広報資料より引用】表向きは芸人で隠密のお染(若村麻由美)が殺された両親の犯人探しため、浪人新十郎(内藤剛志)らの助けを受けながら活躍する娯楽劇。片岡愛之助がドラマ初出演。開始当初、テレビ雑誌等では全11話と紹介されていたが最終的には10作品がオンエアされた。衣裳協力:コウヤ。撮影協力:京都 大覚寺(1)-(5)(7)(8)(10)、御室 仁和寺(1)(5)(9)、松尾大社(2)、浄土門根元地長岡京市総本山光明寺(3)(4)、錦水亭(4)、大本山随心院(7)(9)、八幡堀を守る会(10)、近江八幡市商工観光課(10)、滋賀ロケーションオフィス(10)ほか。協力:松竹京都映画株式会社、新映美術工芸、高津商会、日本映機、コダック、嵯峨映画、シュプール、エクラン演技集団、K&U、関西ロケーションサービス、カネボウコスミリオン。関東地区での放送時間…11/18、25→休止(11/18→ワールドカップバレーボール2003男子「日本×カナダ」、11/25→ワールドカップバレーボール2003男子「日本×韓国」放送)。(6)は12/2(火)に放送。12/16、12/23、12/30、2004/1/6→休止(年末年始特番編成)。(8)は2004/1/13に放送。【各回サブタイトル】「第1話「炎の記憶」、第2話「金の仏像」、第3話「姫君と浪人」、第4話「消えたおいらん」、第5話「間違えられた男」、第6話「お時殺し」、第7話「黒い渦」、第8話「幼なじみ」、第9話「親の仇」、最終話「迷子石」。【この項、文:練馬大根役者】」【役名(演技者)】夜桜お染(若村麻由美)、石室新十郎(内藤剛志)、吉川帯刀(古谷一行)、おたつ(平淑恵)、音次(片岡愛之助)、甚六(火野正平)、笹原弥平(山崎銀之丞)、伊三郎(遠藤憲一)、清太郎(尾美としのり)、おろく(南條瑞江)、あやめ(亜路奈)、文次(井手らっきょ)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成(1)、データ協力:練馬大根役者(2)-(10))】
キー局 CX 放送曜日 放送期間 2003/10/14~2004/01/27
放送時間 19:00-19:54 放送回数 10 回 連続/単発 連続
番組名 火曜時代劇
主な出演 若村麻由美(1)-(10)、内藤 剛志(1)-(10)、古谷 一行(1)(2)(4)(7)(9)、平  淑恵(1)(2)(4)(6)-(8)(10)、片岡愛之助6代目)(1)-(10)、山崎銀之丞(1)-(10)、火野 正平(1)-(4)(6)-(10)、遠藤 憲一(1)(2)(5)(7)(9)(10)、亜路奈(1)-(4)(6)-(10)、井手らっきょ(1)-(6)(8)-(10)、加藤 正記(1)(2)(4)(7)(9)、池田 勝志(1)(2)(7)(9)、片岡 松之(1)-(4)(6)-(10)、淀家 萬月(1)-(4)(6)-(10)、杉山 幸晴(1)(2)(7)(9)、新村あゆみ(1)-(3)(7)(10)、大野 風花(1)(2)(9)(10)、中井 太輝(1)(2)(9)(10)、鏡味仙三郎太神楽師)(1)-(4)(6)-(8)(10)、鏡味 仙一太神楽師)(1)-(4)(6)-(8)(10)、鏡味 仙三太神楽師)(1)-(4)(6)-(8)(10)、(以下、非レギュラー尾美としのり(1)、南條 瑞江南條みづ江)(1)、野口  寛(1)、円堂 耕成(1)、松原 美穂(1)、大林菜穂子(1)(2)(9)、安住 祐季(1)(6)(7)、高橋 寿美(1)(6)(7)、田原 美法(1)(7)、鮎川なつき(1)、石田 直也(1)(7)(9)、益岡  徹(2)(7)(10)、西田  健(2)、伊藤  高(2)(7)(9)、渡辺  哲(2)、坂本 雅彦坂田 雅彦)(2)、松平  健(3)、佐藤 仁哉(3)、石田 登星(3)、園田 裕久(3)、浅見小四郎(3)、朱花(3)、真砂 皓太真砂  浩真砂京之介)(2)、なべやかん(2)、まついきよし(2)(9)、山崎 貴司(2)、多田 頼光多田 頼満)(2)、一色 大輔(2)、金山佐知子(2)、浪江 佳代(2)、福本 清三(3)、入江  毅(3)、小林 太樹(3)、岡田 友孝(3)、松尾 勝人(3)、入野 花央(3)(10)、石橋 蓮司(4)、鷲生  功(4)、芝本  正(4)、山田 永二(4)、柴田 善行(4)、志乃原良子(4)、桑名  湧(4)、田中  健(5)、本田博太郎(5)、内田 勝正(5)、永野 典勝(5)、本城丸 裕本城  裕)(5)、出光秀一郎(5)、田畑 猛雄(5)、峰 蘭太郎(5)、井上 紀子(5)、勇家 寛子(5)、東田 達夫(5)、明石 英子(5)、山口 幸晴(5)、前田 亜季(6)、岡 まゆみ五十嵐まゆみ)(6)、上杉 祥三(6)、谷口 高史(6)、みやなおこ(6)、森田 直幸(6)、加藤まゆ美(6)、武井 三二(6)、本山  力(6)、唐木  太(6)、山北 龍二(6)、窪田 弘和(6)、山本みどり(7)、南條  豊(7)、小沢  象(7)、紅  萬子旭堂 南紅紅  壱子)(7)、金澤 太朗(7)、都  京助(7)、山本 愉和(7)(9)、安並 和沙(7)、國村  隼国村  隼)(8)、三谷  昇(8)、津村 鷹志津村  隆)(8)、丸岡 奨詞(8)、真田健一郎(8)、北見 唯一(8)、仲野  毅(8)、平井 優也(8)、高屋  駿(8)、林  与一(9)、石丸謙二郎(9)、高川 裕也(9)、塩川 健司(9)、宮田 圭子(9)、大石 昭弘(9)、吉川 淳史(9)、根本 一也(9)、矢下田智和(9)、松本 麻希(10)、浅利香津代(10)、須永 克彦(10)、柴崎  滋(10)、稲田 龍雄(10)、奥深山 新(10)、田村 良雄(10)、野田 晋市(クレジット表示なし)、(花魁指導:春藤 真澄(4))(曲独楽指導:柳家とし松(8))
主な脚本 金子 成人(1)(2)(6)(7)(9)(10)、田村  惠田村  恵)(3)-(5)、中村  努(8)
主なプロデューサ 西村 維樹(映像京都)、保原賢一郎(CX)、(協力プロデューサー:原田 眞治原田 真治)(1)-(5)(7)-(10))(広報:加藤 裕子(CX)、小渕  清(CX))(スチール:日下 和美
主な演出 (監督:井上  昭(1)(2)(10)、斎藤 光正斉藤 光正齋藤 光正)(3)(5)、杉村 六郎(4)、原田 眞治原田 真治)(6)、小笠原佳文(7)、三村 晴彦(8)、田中 幹人(9))(助監督:田中 幹人(1)(2)(4)(6)-(10)、岡  哲朗(3)(5))(殺陣:宇仁 貫三)(スクリプター:松田 亜子(1)-(3)(5)(7)-(10)、内藤 幸子(4)(6))
局系列 FNN
制作会社 (制作:映像京都、CX)
制作 (製作主任:黒川  潔(1)-(6)(8)-(10)、丹羽 邦夫(7))(俳優担当:岡原 伸幸)
企画 西岡 善信(映像京都)、能村 庸一(CX)
音楽 coba、(整音:林  基継)(音響効果:柴崎 憲治(1)(2)、河本 敬子(3)-(10))(和楽:中本  哲)(舞踊:若柳 縫秀(3)-(10))
撮影技術 矢田 行男(1)-(3)(5)(8)(10)、近藤 健一(4)(9)、宮島 正弘(6)(7)、(照明:美間  博(1)-(5)(10)、井上  武(6)(8)、中岡 源権(7)(9))(録音:小西  進(1)(2)(7)-(10)、生水 俊行(3)-(6))(編集:谷口登司夫)(ネガ編集:藤原 公司)(VTR編集:鍛冶川一夫鍛治川一夫))(現像/テレシネ:IMAGICAウェスト
美術 丸井 一利、(美術監修:西岡 善信)(装飾:島村 篤史)(特機:西村伊三男(1)-(10)、佐藤 哲治(1)-(3)(5)(7)-(10))(美粧:山崎 邦夫)(結髪:大槻 隆子)(床山:八木かつら)(衣裳:松竹衣裳中川紀代子中川記代子))(衣裳協力:古今(3)(5)(7)(9))

Tag Cloud

若村麻由美 内藤剛志 片岡愛之助 吉川帯刀 古谷一行 夜桜お染 ワールドカップバ... 山崎銀之丞 隠密 芸人 十郎 両親 火事 男子 平淑恵 田村惠 日本 休止 浪人 染め 金子成人 失う 探す 南條瑞江 あやめ 西村維樹 coba 放送 仏像 伊三郎

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供