• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ霧の旗

刑事事件を専門とする弁護士・大塚欽三(古谷一行)は、若い時分から正義感溢れ、人権派と呼ばれたこともある。自分の弁護士事務所を持ち、日本有数の敏腕弁護士となり、社会的な地位も上がった今でも凡百の弁護士よりは誠実に仕事に向き合っていると自負していた。多くの訴訟を抱え、忙しい日々を送る大塚は、久々の休暇を取ることにした。大塚には径子(多岐川裕美)という愛人がおり、その径子を伴って一泊のゴルフ旅行に出かける予定だった。旅行に出かける日、若い女・桐子(星野真里)が大塚の事務所を訪ねてきた。金貸しの老婆を殺したとして、起訴された兄・正夫(池内万作)の弁護をして欲しいというのである。桐子は兄が無実であると確信しており、優秀な上に報酬にこだわらずに戦うという大塚の評判を聞いて、わざわざ青森から出てきたのである。大塚が東京から出向いて裁判をするには500万以上かかるが、桐子には100万円しかない。大塚は多忙を理由に桐子の依頼を断った。翌日の朝、桐子がどうしてももう一度大塚に会いたいといって、再び大塚の事務所を訪れた。事務員の奥村(渡辺いっけい)が大塚の戻りは夕方になるというと、桐子は大塚が戻るまで事務所で待つという。6時間後、事務所に電話を入れた大塚は、奥村に報告を受けるが、奥村の勧めに従って事務所に戻るのを止め、奥村に桐子の依頼を断るのを任せた。桐子は兄の無実と、お金がないために無実の人間を見殺しにするのかを訴えるが、奥村が取り合おうとしないため、怒りを抑え、思いつめた表情で帰っていった。1年後、大塚に桐子からハガキが来た。兄が一審で死刑判決を受け、控訴したが二審を待たずに拘置所で病死したことを告げていた。心が動いた大塚は、正夫の事件を独自に調べ始めた。しかし、それが自身の破滅に繋がる行為になるとは思いもよらなかった…。【以上、TBS広報資料より引用】。ロケーション協力・青森県むつ市、大畑町、Southem Cross Resort。協力・エス・エヌ企画、松本清張記念館会館5周年記念事業実行委員会、日本文学新興会松本清張賞事務局。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 2003/09/16~2003/09/16
放送時間 21:00-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 松本清張サスペンス特別企画
主な出演 古谷 一行星野 真里星野 真理)、風間トオル多岐川裕美三田村邦彦音無美紀子渡辺いっけい池内 万作金田 明夫唐渡  亮相島 一之一色 彩子若林 志穂若林 しほ)、今井 和子栗田よう子栗田 洋子栗田 陽子)、ひがし由貴中村ひとみ岩橋 道子津久井啓太青木 英樹青森  伸丸野  保安達 秀子浅沼 晋平鶴田  東赤羽  大奥谷 将之小坂  明鈴木 和人木村 明海、早川プロダクション、(ナレーター・橋爪  功
主な脚本 石原 武龍石原 武竜
主なプロデューサ 矢口 久雄篠原  茂、(番組宣伝・戸田  界)(スチール・山縣 壽樹
主な演出 脇田 時三、(演出補・谷口 和彦)(記録・河島東史子)(殺陣・岡田  勝
原作 松本 清張(新潮文庫刊)
局系列 JNN
制作会社 テレパック、TBS
制作協力 シー・エム・ビー
制作 (制作主任・田島 英憲)
企画 (企画プロデューサー・勝田 祥三
音楽 (効果・西山 隆司)(選曲・佐古 伸一)(MA・右田 安昌)(協力・電通ミュージック・アンド・エンタ・テイメント
撮影技術 関   巧、(音声・戸田 直之)(照明・今井 尚人)(VE・榊  聖一)(編集・富永  孝)(オンライン編集・稲岡  靖)(協力・東通緑山スタジオ・シティ
HP
美術 (美術デザイン・竹島 哲昌椎葉 禎介)(美術プロデューサー・平野 裟一)(美術制作・海津 隆一)(装飾・阿部 一博田村 隆司)(電飾・坂本 香織坂本 歌織))(装置・伊藤  実伊東  実))(植木・鈴木 和信)(建具・樋口 一夫)(ヘアーメイク・立沢 恵子直江 弘武)(スタイリスト・大沢 千春)(持道具・草野 達樹)(衣裳・十河  誠)(協力・アックス

Tag Cloud

大塚 桐子 奥村 事務所 古谷一行 松本清張 径子 星野真里 風間トオル 断る 弁護士・大塚欽三 女・桐子 石原武龍 依頼 出かける 待つ 戻る 報酬 若い 抑える 受ける 任せる 篠原茂 病死 止める 起訴 裁判 矢口久雄 渡辺 自身

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供