• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ砂の上の恋人たち

バカンスにやってきたオーストラリアで恋人(菅野美穂)を事故で失った高野朗(長瀬智也)と事故を起こした辻谷黎子(本上まなみ)。恋人を殺された憎しみ、そして、殺してしまった償いの気持ちが徐々に互いに苦しみを分かり合う相手となり、愛が芽生えて行く。ところが事故の背景にはもう一つ、複雑な事情が絡み合っていた…。被害者・加害者という重い枷を背負った二人のラブストーリー。伴一彦脚本ということもあり、作りようによっては面白い内容に成り得たはずだが、本上まなみ、奥菜恵の芝居が単調でお話自体もまどろっこしく必然性がないままいきなり長崎ハウステンボスでの話になったりと全体として迷走気味のまま終焉を迎えたのは惜しまれる。【以上、文・古崎康成】撮影協力・カンタス・オーストラリア航空会社(1)、オーストラリア政府観光局(1)、三信電気(1)。法律監修・本山信二郎。
キー局 KTV 放送曜日 放送期間 1999/10/12~1999/12/21
放送時間 22:00-22:54 放送回数 11 回 連続/単発 連続
主な出演 長瀬 智也本上まなみ奥菜  恵菅野 美穂(特別出演)(1)(11)、萩原 聖人水谷 妃里(1)-(7)(9)(10)、涼風 真世西岡 徳馬飯田 基祐河原 さぶ(1)(2)(9)、小島可奈子松坂 優希(1)-(5)(7)(9)(10)、河西 健司(2)(3)、村松 克己(2)(3)、川端 竜太(1)-(9)(11)、益富 信孝(2)(3)(4)(6)(9)、坂井寿美江坂井すみ江坂井すみゑ)(2)(3)(4)(6)(9)、嶋田 久作(4)(5)(7)-(11)、臼井  静(3)(5)-(11)、河村 和奈(3)(5)-(11)、須永  慶(3)-(5)(9)(10)、みれいゆ(3)-(11)、田村たがめ(3)(5)-(11)、三田村賢二(4)、森 富士夫(5)、窪薗 純一(5)、森 みつえ(5)、三觜 要介(5)、青柳 克巳(5)、遠藤たつお(8)、近藤 誠人(9)、山下 裕子(9)、濱近 高徳(9)、遠山 俊也(10)、春木みさよ(10)、小野  了(10)、井上  浩(10)、谷藤  太(10)、松山 尚子(10)、東俳(1)、テアトルアカデミー(1)
主な脚本 伴  一彦、(脚本協力・遠藤 彩見一部回のみ))
主なプロデューサ (プロデュース・大平 雄司鈴木伸太郎)(プロデュース補・梨本みゆき渡辺真沙子
主な演出 藤田 明二(1)(2)(5)(7)(8)(11)、小野原和宏(3)(4)(6)(9)(10)、(演出補・保坂 克己斉藤  豊佐藤さやか
局系列 FNN
制作会社 共同テレビジョン、KTV
制作協力 (協力・バスク、フジアール、ベイシス、TMCレモンスタジオ)
制作 (PRODUCTION MANAGER・玉井 順三)(制作担当・遠藤 聖一)(制作主任・竹井 政章、澤田 周作、高橋 優子)
企画 (編成・濱  星彦
音楽 オノセイゲン、(選曲・大貫 悦男
主題歌 ACO「悦びに咲く花」
撮影技術 栗栖 直樹、(技術プロデュース・佐々木俊幸)(T.D.・増井 初明)(照明・林  広一
美術 (美術プロデュース・杉川 廣明)(デザイン・塩入 隆史)(美術進行・馬場 啓友)(タイトル・西村  了

Tag Cloud

本上まなみ 長瀬智也 事故 奥菜恵 伴一彦 菅野美穂 作りよう 被害者・加害者 高野朗 辻谷黎子 伴一彦脚本 迷走気味 オノセイゲン オーストラリア政... お話自体 必然性 長崎ハウステンボ... 三信電気 バカンス 恋人 殺す オーストラリア 重い 絡み合う 小野原和宏 芽生える 藤田明二 萩原聖人 ラブストーリー

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供