• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データここに人あり(第129回)進水

清水厳作のホームドラマ。仕事ひとすじにうちこんできた老造船技師の定年の日の感慨を、仕事を単なる生活の手段と割り切っている息子たちの若い世代と比べながら描いた明るい作品。【以上、朝日新聞1960/03/02付より引用】「実話に取材した人間ドラマを扱ったオムニバスドラマシリーズ「ここに人あり」(放送期間:1957/04/15~1961/03/30、全176回)の中の一編。ラジオ放送開始時から活躍し、一線を退いていた往年のNHKアナウンサー大羽仙外が番組解説を行ったシリーズでテレビ放送の利便性を生かし、時事的なテーマを取り上げた話も多い。【この項、文:のよりん】」【データ協力:のよりん】
キー局 NHK 放送曜日 放送期間 1960/03/02~1960/03/02
放送時間 21:30-22:00 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 (ここに人あり(第129回))
主な出演 多々良 純田中 筆子宗近 晴見大宮  敏佐藤慶之助、(解説:大羽 仙外
主な脚本 (作:清水  巌清水  厳))
主な演出 関口象一郎
局系列 NHK
制作会社 NHK
音楽 斉藤  登斎藤  登

Tag Cloud

多々良純 田中筆子 宗近晴見 仕事ひとすじ 清水厳作 造船技師 うちこむ 佐藤慶之助 感慨 息子たち 大宮敏 関口象一郎 比べる 手段 世代 ラジオ放送開始 番組解説 利便性 羽仙外 NHKアナウンサ... 斉藤登 退く 一線 往年 オムニバスドラマ... 取り上げる 扱う 実話 多い 取材

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供