• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ鬼平犯科帳(鬼平犯科帳(2)、鬼平犯科帳 第2シリーズ、鬼平犯科帳2)(鬼平犯科帳(中村吉右衛門主演)(2))

中村吉右衛門の当たり役として、1989年から1998年までの10年間で133本放送し好評を得てきた『鬼平犯科帳』の第2シリーズ。いつの世にも悪は絶えない。徳川幕府は火付盗賊改方という特別警察を設けていた。凶悪な賊の群れを容赦なく取り締まる為である。独自の機動性を与えられたこの火付盗賊改方の長官こそ長谷川平蔵。人呼んで鬼の平蔵である。その平蔵の活躍を描いた人気時代劇。【以上、BSフジ広報資料より引用】最終回(第19回)は拡大版のため別データとして収録している。一部資料では放送開始が1990/10/03と記載されているがこれは本作に先行して放送された2本の「鬼平犯科帳スペシャル」を含めた記載であるが、放送当時は1990/10/17の新聞番組欄に新番組との記載があり、当データベースではその放送当時の扱いに合わせたデータ収録としているが、一部のCS局、BS局での再放送時には先行して放送された2本のスペシャルも含めた回数表示で放送されることがあり、当データベースで第1回「おみね徳次郎」としているものが第3回とされ、以降二回分増えた回数表示でオンエアされることがありその場合は全21回と記載されている(DVDリリースも同様)。各回のサブタイトルは以下のとおり(括弧内は先行放送された2本のスペシャル版を加え再放送された場合の回数表示)。第1回「おみね徳次郎」(1990/10/17放送)、第2回(第4回)「むかしの女」(1990/10/24放送)、第3回「白い粉」(1990/10/31放送)、第4回「托鉢無宿」(1990/11/07放送)、第5回(第7回)「五年目の客」(1990/11/14放送)、第6回(第8回)「雨引の文五郎」(1990/11/21放送)、第7回(第9回)「猫じゃらしの女」(1990/11/28放送)、第8回(第10回)「盗賊二筋道」(1990/12/05放送)、第9回(第11回)「本門寺暮雪(ルビ「ほんもんじぼせつ」が付く)」(1990/12/19放送)、第10回(第12回)「女賊」(1991/01/23放送)、第11回(第13回)「四度目の女房」(1991/01/30放送)、第12回(第14回)「雨乞い庄右衛門」(1991/02/06放送)、第13回(第15回)「密告」(1991/02/13放送)、第14回(第16回)「夜狐」(1991/02/20放送)、第15回「霧の朝」(1991/02/27放送)、第16回「白と黒」(1991/03/06放送)、第17回(第19回)「春の淡雪」(1991/03/13放送)、第18回「下段の剣」(1991/03/20放送)、最終回(第19回)「熱海みやげの宝物」(1991/03/27放送、別データとして収録)。ロケ協力:京都 大覚寺(1)(7)(16)(18)。【役名(演技者)】長谷川平藏(中村吉右衛門)、久栄(多岐川裕美)、木村忠吾(尾美としのり)、小房の粂八(蟹江敬三)、伊三次(三浦浩一)、大滝の伍郎蔵(綿引勝彦)、沢田小平次(真田健一郎)、松永弥四郎(宮川不二夫)、山田市太郎(三ツ矢真之)、竹内孫四郎(中村吉三郎)、山崎国之進(中村吉次)。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1990/10/17~1991/03/27
放送時間 20:00-20:54 放送回数 19 回 連続/単発 連続
主な出演 中村吉右衛門2代目)(中村萬之助)(1)(7)(9)(16)(18)、多岐川裕美(1)(9)(16)(18)、高橋 悦史(1)(18)、尾美としのり(1)(7)(9)(16)(18)、蟹江 敬三(1)(7)(16)、三浦 浩一(7)(18)、綿引 勝彦綿引  洪)(9)、江戸家猫八3代目)(18)、梶 芽衣子(1)(16)(18)、真田健一郎(1)(7)(16)(18)、宮川不二夫(1)(7)(18)、三ツ矢真之小野田真之辻  政宏)(1)(7)(18)、中村吉三郎(1)(7)(9)(16)(18)、中村 吉次中村吉五郎2代目))(1)(7)(9)(16)(18)、(以下、非レギュラー宮下 順子(1)、峰  竜太(1)、小松 方正(1)、今福 将雄(1)、中井 啓輔(1)、岩田 直二(1)、森岡 隆見(1)、山田 公男(1)、明石 恵子(1)、山田五十鈴(2)、浅利香津代(2)、近藤 洋介(2)、田中  浩(2)、左 とん平(3)、甲斐智枝美(3)、勝部 演之(3)、三上真一郎(3)、北村 英三(3)、小美野欽士小美野欣士小美野欣二)(3)、原  哲男(3)、深水 三章(4)、睦  五朗(4)、五味龍太郎(4)、江藤  漢(4)、うえだ 峻植田  峻)(4)、夏八木 勲(4)、波乃久里子(5)、中山  仁(5)、奥村 公延(5)、大橋 芳枝(5)、中村 孝雄(5)、目黒 祐樹(6)、浜村  純(6)、樋浦  勉(6)、関根 大学(6)、池波 志乃(7)、三ツ木清隆(7)、玉川伊佐男(7)、津村 鷹志(7)、三浦 徳子(7)、諸木 淳郎(7)(16)、塩川 健司(7)、松田 春子(7)、稲葉 浩子(7)、野土 晴久(7)、金沢 秀信(7)、浅田 祐二(7)、辰井 洋一(7)、平井  靖(7)(16)、菅原 謙次(8)、西山 嘉孝(8)、片桐 竜次(8)、石橋 雅史(8)、草薙幸二郎(9)、夏八木 勲(9)、菅田  俊(9)、多々良 純(9)、水上 保広(9)、花乃 種吉(9)、加藤 正記(9)、山口 秀志(9)、山本 香織(9)、花沢 徳衛(10)、野平 ゆき(10)、黒田 隆哉(10)、伊藤  高(10)、沢 たまき(10)、西岡 徳馬西岡 徳美西岡 德馬)(11)、森口 瑤子(誤り…森口 瑶子)(11)、中田 浩二(11)、花上  晃(11)、入江 若葉(11)、田村 高廣田村 高広)(12)、小野 進也(12)、石山 雄大(12)、富川 澈夫(12)、朝比奈順子(12)、沖田 浩之(13)、村田 正雄(13)、北村 光生(13)、光本 幸子(13)、江藤  潤(14)、芦川よしみ(14)、沢  竜二(14)、根上  淳(14)、佐野アツ子(14)、平田  満(15)、二木てるみ(15)、石丸謙二郎(15)、小鹿 みき小鹿 ミキ)(15)、東丘いずひ太田 美緒東丘 出陽)(15)、ベンガル(16)、あべ 静江(16)、浜田 朱里(16)、徳田 興人(16)、新橋 伸介(16)、邦   保(16)、松尾 勝人(16)、門田  裕(16)、中村浩太郎中村 扇雀3代目))(17)、平泉  成平泉  征)(17)、森下 哲夫(17)、椎谷 建治(17)、中村又五郎2代目)(17)、紅  萬子旭堂 南紅紅  壱子)(17)、江原真二郎(18)、長尾豪二郎(18)、井上 昭文(18)、宮内  洋(18)、斉藤 絵里(18)、森  喜行(18)、大島 光幸(18)、竹内 隆治(18)、鈴川 法子(18)、(料理指導:阿部 孤柳(1)(7)(9)(16)(18)、川田 正昭(1)(7)(9)(16)(18))(協力:エクラン演技集団(1)(7)(9)(16)(18))(ナレーター:中西  龍(1)(7)(9)(16)(18))
主な脚本 櫻井 康裕桜井 康裕桜井 庚祐)(1)、安倍 徹郎(7)(18)、小川  英(9)、下飯坂菊馬(16)
主なプロデューサ 能村 庸一(1)(7)(9)(16)(18)、佐生 哲雄(1)(7)(9)(16)(18)、桜林  甫、(プロデューサー補:尾崎  誠(1)(7)(9)(16)、中嶋  等(18))(スチール:佐々木千栄治)(広報担当:新藤 善之
主な演出 (監督:小野田嘉幹(1)(18)、富永 卓二(7)、高瀬 昌弘(9)、太田 昭和(16))(助監督:加島 幹也)(殺陣:宇仁 貫三)(記録:川原富美子
原作 池波正太郎(「オール讀物」連載、文藝春秋刊)(「にっぽん怪盗伝」(11)、「殺しの掟」(14))
局系列 FNN
制作会社 (制作:松竹、CX)
制作協力 (製作協力:京都映画)
制作 (制作主任:渡辺 寿男(1)(7)(9)(16)(18)、黒田 満重)(進行:木辻 竜三(1)(7)(9)(16)(18)、楳村 仁一(1)(9)(16)(18))
企画 市川 久夫鈴木 哲夫
音楽 津島 利章、(調音:鈴木 信一
主題歌 (エンドテーマ:ジプシー・キングス「インスピレイション」(EPIECソニー))
撮影技術 伊佐山 巌(1)(7)(16)(18)、内海 正治(9)、(照明:中島 利男(1)(7)(9)(16)、中山 利夫(18))(録音:中路 豊隆)(編集:園井 弘一)(現像:イマジカ
ビデオ 松竹
HP
美術 倉橋 利韶、(装飾:中込 秀志(1)(7)(9)(16)、清水与三吉(18))(装置:新映美術工芸)(衣裳:松竹衣裳)(美粧:八木かつら)(小道具:高津商会)(衣裳協力:石勘

Tag Cloud

放送 中村吉右衛門 池波正太郎 みね徳次郎 回数表示 火付盗賊改方 多岐川裕美 平蔵 記載 先行 櫻井康裕 含める 高橋悦史 盗賊二筋道 松永弥四郎 いつの 熱海みやげ 新聞番組欄 データベース 安倍徹郎 竹内孫 DVDリリース 久栄 最終 収録 密告 鬼平犯科帳 宝物 1回 もむ

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供