• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ池中玄太80キロ・III Genta Ikenaka's Diary(池中玄太80キロIII)

長女・奥村絵里(杉田かおる)と二度目の妻が同時に臨月。思春期の二人の娘(河合美智子、安孫子里香)も心配で、父親である玄太は気が気でない。レギュラーメンバーのうち、前作まで出演していた有馬加奈子は前作を最後に芸能界を引退してしまったため今回からその代役として河合美智子にバトンタッチされた。協力:キャノン(1)-(4)、大和生命ビル(3)。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1989/04/08~1989/05/06
放送時間 21:00-21:54 放送回数 4 回 連続/単発 連続
主な出演 西田 敏行(1)-(4)、坂口 良子(1)-(4)、三浦 友和(1)-(4)((3)(4)は友情出演)、桜田 淳子(1)-(4)、三浦 洋一(1)-(4)、井上 純一(1)-(4)、松尾 和子(1)-(4)、丹阿弥谷津子(1)-(4)、長門 裕之(1)-(4)、杉田かおる(1)-(4)、河合美智子(1)-(4)、安孫子里香(1)-(4)、高田 敏江(1)、屋敷かおり(1)-(4)、エリック・ニュートン(1)-(4)、土倉 有貴(1)-(4)、大西 良和(1)-(4)、嶋崎 伸夫(1)-(4)、田中 耕二(1)-(4)、加門  良(1)-(4)、後藤  健(1)-(4)、牧村泉三郎(1)-(4)、藤崎 卓也(1)-(4)、阿部 桂子(1)-(4)、今井あずさ(1)-(4)、村田 則男(1)、岩崎ひろし(1)、浜野 正幸(1)(2)、中村 美和(1)(2)、逸見 道郎(1)、須永  慶(1)、若林 健治(1)、水野なつみ(2)-(4)、大念寺 誠(3)(4)、島 美弥子(3)、水木  薫(4)、桂  笙子(4)、阿部 六郎(4)、遠山 俊也(4)、オスカーSP(1)-(4)、(協力:ヤマ・プロヤマプロ)(2)、セントラル子供タレント(2))
主な脚本 松木ひろし(1)-(4)
主なプロデューサ 小山  啓、(広報:東  良子)(スチール:水谷  功
主な演出 石橋  冠(1)-(4)、(演出補:五木田亮一(1)、斎藤 郁宏(2)-(4))(記録:布施 昌子(1)、舘野 弘子(2)-(4))
原作 (原案:松木ひろし
局系列 NNN
制作会社 (製作著作:NTV)
制作協力 (企画協力:S・H・P)
制作 中島 忠史、(制作補:倉田 貴也)
音楽 坂田 晃一、(音効:諸橋 毅一)(MA:大森 良憲
主題歌 (テーマ曲:「もしもピアノが弾けたなら」(作詞:阿久  悠、作曲:坂田 晃一)、「鳥の詩」(作詞:阿久  悠、作曲:坂田 晃一))
撮影技術 (技術:加賀屋 寛)(カメラ:片野 憲司)(照明:野村 博幸)(音声:戸田 幸春)(VE:高瀬 尚一)(編集:中村  勇(1)、伊藤 信行(2)-(4))(技術協力:エヌ・ティ・ビー映像センター、生田スタジオ)
美術 奥津 徹夫石附 千秋、(装置:塚原 一夫)(装飾:内山 勝博)(衣裳:佐々木皖子)(持道具:志田 尚二)(メイク:竹内美枝子)(スタイリスト:加藤 涼子)(タイトル:丸山 能明

Tag Cloud

西田敏行 坂口良子 河合美智子 前作 安孫子里香 松木ひろし 三浦友和 長女・奥村絵里 玄太 バトンタッチ レギュラーメンバ... 杉田かおる キャノン 小山啓 臨月 大和生命ビル 有馬加奈子 中島忠史 代役 芸能界 思春期 桜田淳子 引退 石橋冠 三浦洋一 心配 坂田晃一 ニュートン 最後 大西良和

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供