• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ時間ですよスペシャル-天使の誘惑-(新聞ラテ欄表記…時間ですよスペシャル 春の女神がやって来た)

下町の銭湯に集う人々の人間模様を、笑いとさわやかな涙で綴った「時間ですよ」シリーズ。本作は、とんねるずの加入で好評を博した第5弾『時間ですよ ふたたび』のスペシャル版。ウメの義理の娘(!?)役でゲスト出演している南野陽子が入浴シーンも披露。オープニングから度肝を抜く久世演出が炸裂し、とんねるずの金粉ショーに水芸スタイルの森光子、サーカスの猛獣使いに扮した篠ひろ子など、数々の奇想天外なシーンの後、おなじみ「おかみさ~ん、時間ですよ~」の掛け声が入る。銭湯「梅の湯」に「3月いっぱいで閉店」の張り紙が出た。娘・弥生(篠ひろ子)の結婚を機に、ウメ(森光子)は店を閉めるつもりなのだ。勝(石橋貴明)、明(木梨憲武)、まり子(真璃子)も、次の就職先を探さなければならない。ところがその「梅の湯」に、食べ物がなくなるという超常現象が発生する。総出で探していると、床下から汚い娘(南野陽子)が出てきた。「美南子」と名乗ったその娘はなんと、ウメの亡き夫の隠し子だという。とりあえず「梅の湯」に居候することになった美南子。日ごろ人情厚いウメだったが、美南子に対しては厳しく接する。おまけに、式の2日前になって弥生が結婚をやめると言い出して…。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】協力:綜芸企画、緑山スタジオ・シティほか。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1988/03/30~1988/03/30
放送時間 21:00-22:24 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 森  光子石橋 貴明とんねるず)、木梨 憲武とんねるず)、篠 ひろ子南野 陽子地井 武男由利  徹かまやつひろし小鹿  番真璃子田島 令子もたいまさこ奈月ひろ子鹿内 寛子若柳  菊菊 ひろ子)、橘  雪子橘 ユキコ)、我王 銀次麻  立丸ドンレオ藤三平松 小実小泉 朋子、(擬闘:國井 正廣国井 正廣))
主な脚本 橋本 以蔵
主なプロデューサ 三浦 寛二太田  登内野  建(TBS)
主な演出 久世 光彦、(演出補:三輪 源一千葉 行利)(記録:斉藤  文
局系列 JNN
制作会社 (製作・著作:KANOX(カノックス)、TBS)
音楽 小林 亜星、(効果:藤崎 昭彦
撮影技術 (技術:細野 克雄)(カメラ:山崎 秋夫)(調整:多嘉良 勲)(照明:海老原靖人)(音声:戸田 直之)(編集:長谷川智勝)(制作協力:東通
HP
美術 小瀬 正尚アックス)、(デザイン:後藤  洋)(衣装(衣裳):片山 信雄)(メイク:富山  伸ユミ・ビュアクス))(持道具:赤松 慶人)(装飾:臼田 義和)(タイトル画:「ハバナ・エキゾチカ」より(小学館版))

Tag Cloud

ウメ 美南子 森光子 石橋貴明 篠ひろ子 南野陽子 とんねるず 木梨憲武 銭湯 真璃子 橋本以蔵 総出 金粉ショー 猛獣使い 探す 超常現象 出る 食べ物 就職先 加入 太田登 集う 結婚 三浦寛二 おまけ 博す おなじみ 居候 おかみ 披露

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供