• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ鬼とばし

勝新太郎が一本気で正義感の強い父親を演じたドラマ。10年ぶりに再会した父と娘が、荒々しくも心温まる物語を繰り広げる。10年前に壱岐島を飛び出した奈緒子が、ひょっこりと島に帰ってきた。だが、父・厳はかたくなな態度を崩さない。そんな中、町長選をきっかけに父娘の対立は深まり…。その昔、鬼が棲んだといわれた壱岐島には、“鬼とばし”という鬼を追い払う凧揚げの行事がある。奈緒子(樋口可南子)は10年前、“鬼とばし”をするかのように島を出て行ったが、この度ひょっこりと島に戻ってきた。島にひとりで残った父親の厳(勝新太郎)はフェリーの船長だったが、今は定年退職して一人暮らしをしている。厳は久しぶりに会った奈緒子に、優しい言葉ひとつもかけてやれなかった。そんな中、町長選を控えた島では、医者の岡村孝雄(遠藤太津朗)が立候補を表明。岡村の竹馬の友である厳は、もちろん彼を支持。母親の命と引き換えに奈緒子が生まれたときも、厳は岡村の世話になったのだった。一方、3年前にこの島に流れ着いて、今ではフランス料理店を経営している小川啓介(井川晃一)も町長選に立候補。奈緒子が小川の応援にまわったことで、厳と奈緒子の父娘ゲンカはますますエスカレートしていく。勝演じる厳と衝突する奈緒子を樋口可南子が好演。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】「渡瀬一男の後を引き継いだプロデューサー、半田明久の3作目。それまでのホームドラマ路線から男性路線への転換を模索し始めた転機となった作品。主演・勝新太郎で、九州の、RKBの、日曜劇場に出るというのだから、台本完成前から話題になった。豪放磊落、高額のギャラ、脚本には口を出すし、妥協しない、なにしろ映画界の天皇・黒沢明とトラブルを起こし……、と風評は枚挙に暇がない。勝が父親で樋口可南子がその娘。激しく衝突するラブストーリー。脚本・尾中洋一(元TNCディレクター)。予想通り準備稿から「これじゃ面白くない」と始まった。そして懸命にしゃべり始めた。プロデューサーの半田はいう、「その真意がなかなか理解できなかったのだが、彼が根っからの役者であり、エンターティナーとしての自負が、やがてこちらに伝わってきた。視聴者に楽しんでもらえるドラマを作るためには、彼の中に妥協はないのである」。こうして改稿し改稿し、本番を迎えた。全編壱岐ロケ。プロデューサー半田明久も演出・八坂健も壱岐の島に籠もった。なにかトラブルの連絡があるのではないか、と本社文化情報部(制作部を一時改称)も気が休まらない。おそらく島籠もりしてしまえば何とかなるというプロデューサーの計算もあったかもしれない。ともかく収録は無事終わった。半田の感想「勝新太郎というおのこ、傍若無人のように見えて、実は神経こまやかで、大真面目な男」。【この項、「RKB放送史事典-RKB毎日放送50年記念-」(2001年、RKB毎日放送刊)より引用】」協力:ボン・マジック、壱岐観光協会、壱岐郡町村会。
キー局 RKB 放送曜日 放送期間 1987/10/11~1987/10/11
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 東芝日曜劇場(第1605回)
主な出演 勝 新太郎樋口可南子遠藤太津朗若尾 延子井川 晃一奥村 雄大鴈 龍太郎鴈   龍)、新島愛一朗伊藤健一郎いきかもめ加藤由佳理(クレジット表示なし)、ウチダ・ユカ(クレジット表示なし)、
主な脚本 尾中 洋一
主なプロデューサ 半田 明久
主な演出 八坂  健、(演出補:野上 克郎
原作 (原案:酒井  修
局系列 JNN
制作会社 (製作著作:RKB)
制作 (制作進行:城内 彰秀)
音楽 大野 雄二、(音響効果:遠藤 裕巳遠藤 裕己))
撮影技術 (技術:井上 良次井上 義信))(カメラ:権藤 忠行相本 卓郎)(照明:木下 剛一)(音声:畑  昌昭)(VE:薄  智之)(VTR:梶井 慎三
HP
美術 江口 洸一、(美術進行:大峰 和生)(化粧:マックスファクター)(衣裳:東京衣裳

Tag Cloud

奈緒子 勝新太郎 樋口可南子 町長選 壱岐 壱岐島 半田 プロデューサー とばす 改稿 岡村 妥協 立候補 尾中洋一 衝突 父親 もる きた トラブル 風評 台本完成 壱岐観光協会 遠藤太津朗 若尾延子 やれる 出る 演じる 八坂健 半田明久 エスカレート

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供