• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ忠臣蔵異聞 生きていた吉良上野介

赤穂浪士の誰もが吉良上野介(小澤栄太郎)の顔がわからないため、討ち入り前にその顔を確かめよという役目を果たせなかった毛利小平太(川谷拓三)は、浪士たちの前で大石内蔵助(丹波哲郎)から「能無し奴」と面罵され、追放される。しかし傷心のまま帰宅した小平太を密かに訪ねてきた内蔵助は、これを詫び、さらに、吉良が影武者を用意し、本物を討ち漏らした場合は、ただ一人、地下に潜り、第二陣の刺客となるよう命じる。自暴自棄になる小平太だったが、酒処おかめの女将・お栄(浅茅陽子)に優しくされ、その世話になる。凱旋する赤穂浪士の槍先に「吉良の首」を見て落ち込む小平太は、武士を捨てお栄とともに生きていこうと決意するが、内蔵助から命を受けた浪士の寺坂吉右衛門(黒崎輝)が訪ねてくる。内蔵助は炭小屋からひっぱりだされた上野介の背中に浅野内匠頭に斬られた刀傷が無いことを確認するが、実より名をとり、浪士たちに影武者であることを知らせず、その首を落とさせたということだった。真実を聞かされた小平太は、内蔵助からの密命を果たすために潜伏する上野介を探し始める……。【以上、時代劇専門チャンネル広報資料より引用】協力:京都 大覚寺。【役名(演技者)】毛利小平太(川谷拓三)、お栄(浅茅陽子)、大石内蔵助(丹波哲郎)、吉良上野介(小澤栄太郎)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】
キー局 ANB 放送曜日 放送期間 1987/09/17~1987/09/17
放送時間 20:00-20:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 傑作時代劇
主な出演 川谷 拓三浅茅 陽子丹波 哲郎小澤栄太郎小沢栄太郎)、黒崎  輝加藤 善博本郷 直樹吉田 次昭北村 英三三田 篤子北村総一朗内田  稔高石  太鈴木 雄偉)、岩井田浩己成枝 三郎泉 好太郎東田 達夫高橋 弘志島田  努山崎 智巳、(擬斗:土井淳之祐東映剣会))(ナレーター:井川比佐志
主な脚本 野上 龍雄野上 竜雄
主なプロデューサ 佐伯  明(東映)、松平 乘道松平 乗道)(東映)、亀岡 正人(東映)、田中 利一(ANB)、(スチール:金井 謹治)(広報担当:原  孝彦(ANB))
主な演出 (監督:田中 徳三)(助監督:曽根  勇曾根  勇))(記録:西野 敏子
局系列 ANN
制作会社 (制作:東映(東映京都撮影所)、テレビ朝日(ANB))
制作 (進行主任:西秋 節生)(演技事務:佐浪 正彦)
音楽 津島 利章、(和楽:中本  哲
主題歌 JADOES「言葉よ風にのれ」(作詞:斉藤 謙策、作曲:伝田 一正、編曲:JADOES
撮影技術 北坂  清、(照明:加藤 平作)(録音:荒川 輝彦)(編集:玉木 濬夫)(VE:平井 清重)(計測:原田 国一
美術 三浦 鐐二、(衣裳:小森  護)(美粧:河田 福司)(結髪:水巻 春江)(装置:増田 道清)(装飾:長谷川優市呂)(小道具:高津商会

Tag Cloud

小平太 川谷拓三 浅茅陽子 内蔵助 小澤栄太郎 上野介 毛利小平太 浪士たち 影武者 吉良 丹波哲郎 赤穂浪士 大石内蔵助 吉良上野介 野上龍雄 槍先 浅野内匠頭 訪ねる 自暴自棄 潜伏 黒崎輝 討ち入り 役目 密命 松平乘道 背中 聞かす 帰宅 果たす

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供