• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ殺意の重奏

エリート商社マンの秋本忠雄(石田純一)が殺され、彼の部下だった三宅明(古尾谷雅人)が係長のポストに着く。秘書課の弓子(中井貴惠)と結婚した三宅だが、殺された秋本が交際していた女性が弓子ではないかと疑い始める。弓子も三宅の部屋を掃除していた時に、一年前あたりから毎月、不明の大金が振り込まれている三宅の預金通帳を発見する。三宅は弓子が秋本を殺した犯人ではないかと考え、弓子は三宅が秋本を会社の金の横領を脅迫していたのではないかと考える。三宅は、入手した秋本の手帳を見て、彼が女性と旅行に出かけた箱根へ弓子を誘い、手帳の日程通りのコースを辿り、弓子を試してみるのだった…。【以上、文:市村】衣裳協力:東京ブラウス、ルイコ・ミヨシ、他二社。ロケ協力:SMCソフトウエアマネジメント、下田東急ホテル、下田聚楽ホテル、SUNホテルリゾーピア箱根。タイトル協力:豊島園。【演技者…役名】「中井貴惠…弓子(共生物産株式会社の秘書課の秘書だった。三宅明と結婚する)、石田純一…秋本忠雄(29歳。共生物産株式会社の経理課の係長。柿田専務の娘の婚約者)、勝部演之…杉山(共生物産株式会社の秘書課の課長。三宅の大学の先輩)、三谷昇…刑事、丘祐子…〔エイコ〕(弓子の元・同僚)、古尾谷雅人…三宅明(共生物産株式会社の経理課の社員。秋本の死後、係長になる)。【この項、文:市村靖介】」。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(データ協力:市村靖介)】
キー局 KTV 放送曜日 放送期間 1987/02/02~1987/02/02
放送時間 22:00-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 森村誠一サスペンス
主な出演 中井 貴惠中井 貴恵)、古尾谷雅人石田 純一三谷  昇勝部 演之丘  祐子峰田 智代山崎 健二江原 正士岡田 吉弘緒方 愛香)、冨山  毅鳳プロ
主な脚本 小森 名津
主なプロデューサ 風野 健治澤田 和宏東宝)、小田切正明(KTV)、(スチール:大野 博史)(広報担当:山口 志郎(KTV))
主な演出 (監督:井上  昭)(監督補:西本 淳一)(記録:舘野 弘子
原作 森村 誠一「殺意の重奏」(角川文庫版)より
局系列 FNN
制作会社 (制作:東宝、KTV)
制作協力 (企画協力:角川春樹事務所)
制作 (制作担当:竹山 昌利)
企画 石浜 典夫石濱 典夫
音楽 平沢  進、(音響効果:佐古 伸一
主題歌 ジョージ・ウィンストン「あこがれ/愛」(キャニオン))
撮影技術 関   巧、(照明:海老原靖人)(音声:渡辺 敏博)(カラー調整:江川 英雄)(VTR編集:長谷川克巳)(協力:東通
美術 (美術デザイン:西 亥一郎)(美術制作:神田  聰)(大道具:東宝ビルト)(小道具:高津映画装飾)(衣裳:京都衣裳)(メイク:ユミ・ビュアクス)(装飾協力:マルイチセーリング

Tag Cloud

弓子 三宅 中井貴惠 共生物産株式会社 秋本 三宅明 秘書課 古尾谷雅人 石田純一 秋本忠雄 係長 経理課 手帳 丘祐子 小森名津 殺す エイコ 下田聚楽ホテル 東京ブラウス SMCソフトウエ... 平沢進 考える 石浜典夫 エリート商社マン 澤田和宏 コース 風野健治 杉山 女性 結婚

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供