• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ3年B組貫八先生

桜中学シリーズ5作目となる『3年B組貫八先生』は、非行歴と夜間中学の教師経験を持つ苦労人先生に川谷拓三を迎え、骨太・汗臭さが感じられる異色の作品となっている。貫八は、実直、朴訥、誠実、口下手、人情に厚く感激屋の30歳、独身。社会からも身近な家庭からも失われた単純な行動人間だ。決して格好がいいわけでもない。器用にものごとをまとめ上げる能力にも欠けるかもしれない。しかし、素朴で寡黙で力強い。はじめ笑いものにされた「いも八先生」こと貫八の、温かく力強い人間性に次第に魅了されていく生徒たちの一年を描く。そして、そんな彼自身がどのように生きられるかというのも今作の大きなポイントとなる。おなじみの赤木春恵校長、早坂文司教頭、鈴木正幸巡査ほか、川谷の相手役のマドンナには、新人・遠藤京子を起用。脚本は、シリーズ初の男性作家となる岩間芳樹。大人と子どもの狭間で身悶えしながら、大人への足がかりをつかもうとする中学三年生の生々しい記録とその感動を綴る。神崎貫八(川谷拓三)、独身の30歳。この春、夜間中学から転勤で桜中学へ赴任し、3年B組を担当することになった。しかし、3Bの生徒たちは猛反発。新任で、しかも今まで夜間中学で教えていた貫八などに、受験対策や進学指導などできるわけがない、というのだ。校長室には、父兄からの電話も相次いだ。生徒たちと同様、貫八に対する不満の声だった。そんな時、貫八は不良高校生たちに囲まれた3Bの木下(辻野幸一)を見かける。木下は千円札を数枚出して、そのリーダー格に渡した。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】提供・ライオンほか。

Tag Cloud

川谷拓三 夜間中学 山口果林 生徒たち 力強い 木下 独身 岩間芳樹 大人 受験対策 教師経験 進学指導 桜中学シリーズ 行動人間 赤木春恵校長 赤木春恵 先生 足がかり 桜中学 狭間 人間性 和田旭 相次ぐ おなじみ 早崎文司 生野慈朗 能力 柳井満 厚い 起用

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供