• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ桃太郎侍(第240回)桃太郎、命ぎりぎり(誤り…桃太郎命ぎりぎり)

高橋英樹主演の『桃太郎侍』(放送期間:1976/10/03~1981/09/27、全258回)の第240話。「将軍家斉の御落胤でありながら、気ままな浪人暮らしの桃太郎。育ちが良すぎて世情に疎いのが玉に傷。弱きを助け、悪しき鬼を華麗に退治する、高橋英樹主演の痛快時代劇の一編。桃太郎(高橋英樹)が往診に行った先の老夫婦が毒殺されており、桃太郎も正体不明の男たちに襲われる。老夫婦に殺害される理由はなく、狙いは桃太郎のようだ。松平備前守(高橋英樹)は公家の五条院敦子(名取裕子)との縁組みが決まる。行列の道をふさいだ犬に情けをかける優しい姫君で、備前守も満足げだ。松平藩下屋敷からの帰り道、桃太郎は顔見知りの少女から売れ残った梅干しを買ってやる。その場で一粒頬張るとたちまち苦悶の表情に変わり…。【この項、BS日テレ広報資料より引用】」ウィキペディアやBS日テレ番宣資料では放送日を1981/05/24と記載している(2019/03/26現在)が、誤り。【役名(演技者)】桃太郎・松平備前守(高橋英樹)、玉川つばめ(野川由美子)、蛙の田之助(山城新伍)、彦助(谷村昌彦)、仁兵ヱ(深江章喜)、玉川ちどり(坂上味和)、とん太(北野清治)、玉川かもめ(遠藤薫)、五条院淳子=さや(名取裕子)、田島三太夫(高城淳一)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1981/05/31~1981/05/31
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 高橋 英樹野川由美子山城 新伍谷村 昌彦深江 章喜坂上 味和北野 清治遠藤  薫、(以下、非レギュラー名取 裕子高城 淳一穂高  稔高野 真二黒部  進北川  恵江並  隆細谷  泉福本 清三森山 紹秀北   剛佐藤 好将、(擬斗:土井淳之祐)(特技:宍戸 大全)(騎馬:岸本乗馬センター岸本乘馬センター))
主な脚本 和久田正明
主なプロデューサ 長富 忠裕小沢啓一郎橋本 慶一上阪 久和
主な演出 (監督:山下 耕作)(助監督:西垣 吉春)(記録:藤原 凪子
原作 山手樹一郎
局系列 NNN
制作会社 (制作:東映(東映京都テレビプロダクション)、NTV)
制作協力 (協力:アイウエオ企画)
制作 (製作担当:丸本  晃)(演技事務:上ノ山 敏)
企画 加藤 教夫渡辺 洋一
音楽 木下 忠司、(整音:浜口十四郎)(和楽監修:中本 敏生
主題歌 三波 春夫「桃太郎侍の歌」(作詞:三波 春夫、作曲:平尾 昌晃、編曲:小谷  充)(テイチクレコード
撮影技術 羽田 辰治、(照明:佐々木政一)(録音:高井 唯夫)(編集:上野 五男)(計測:佐賀  彰)(現像:東洋現像所
美術 塚本 隆治、(装置:中西 和之曽根美装))(装飾:門明  淳)(衣裳:米田  稔)(美粧:河田 福司)(結髪:水巻 春江)(小道具:高津商会)(協力:あいんのきもの一廼穂))

Tag Cloud

高橋英樹 桃太郎 山手樹一郎 野川由美子 名取裕子 和久田正明 五条院敦子 山城新伍 谷村昌彦 高橋英樹主演 坂上味和 頬張る 公家 苦悶 ふさぐ 夫婦 情け 姫君 桃太郎・松平備前... 顔見知り 毒殺 彦助 将軍家斉 疎い 世情 育ち 落胤 小沢啓一郎 加藤教夫 痛快時代劇

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供