• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ花は散らず

嫉妬深い夫に寵愛されつつもある一人の青年に魅せられていく華道の女師匠の複雑な女心を描く。「名古屋から北へ車で約1時間、木曽川にのぞんだ小高い丘の上にある白壁の城は、国宝の犬山城。昼ドラマ『花は散らず』は、薄雪に化粧したこの犬山城附近を二日間にわたってロケ。ヒロイン梢(葉山葉子)が、花に対する夫(川合伸旺)の姿勢があまりに営業本位であるのに失望して家を捨て、母のふるさと犬山にくる。おりから名古屋にきていた慎一(勝呂誉)は、彼女のあとを追って犬山を訪れ、はじめて梢がすこしも幸せでないことを知る―――という中盤のクライマックスだ。葉山葉子は前にもいちど犬山城にきているが「それが偶然、勝呂さんとごいっしょだったのです。3年前の節分に豆まきをたのまれて、なにかご縁があるのですね」このロケシーンは19日、20日の両日に放送されます。【この項、「週刊TVガイド」(東京ニュース通信社刊)1976/02/13号より引用】」
キー局 CBC 放送曜日 月~金 放送期間 1976/01/05~1976/04/09
放送時間 13:45-14:00 放送回数 65 回 連続/単発 連続
主な出演 葉山 葉子勝呂  誉川合 伸旺江夏 夕子
局系列 JNN
音楽 菊池 俊輔

Tag Cloud

葉山葉子 勝呂誉 名古屋 川合伸旺 ふるさと犬山 犬山城 犬山城附近 白壁 きる 営業本位 木曽川 豆まき ロケシーン 勝呂 のぞむ 犬山 華道 おり 慎一 姿勢 失望 散る 女心 国宝 クライマックス 江夏夕子 嫉妬 くる 深い 捨てる

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供