• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ阿蘇の女

熊本・阿蘇を舞台に、1人の男を愛したヒロイン・糸子の13年にわたる「愛と悲しみ」を描いた、木下惠介「人間の歌」シリーズの第16作。木下が第4作『冬の雲』以来、約3年ぶりに脚本を手がけた。物語は1962(昭和37)年から始まり、話数が増すごとに「そして、1年…」という展開で進展する。糸子を演じる松坂のほか、寺田農、市原悦子、地井武男、小坂一也といった実力派の面々が脇を固める。1962(昭和37)年の夏。阿蘇山のふもとの街道沿いに1軒のドライブインが完成しつつあった。近くの温泉場で旅館を経営する池月巴(市原悦子)が、結婚する娘・糸子(松坂慶子)のために建てたものだった。旅館の板前・片倉修二(寺田農)との結婚を2日後に控え、糸子は幸せな気持ちでいっぱいだった。だが、その夜、異様な顔つきで糸子のもとへやって来た修二は突如泣き崩れる。一体、何が…?そして、ここから糸子の運命は、大きく狂い始める…。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】協力:東通。撮影協力:熊本放送(1)。提供:花王石鹸、キリンビール、東洋工業。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1974/09/19~1974/12/12
放送時間 22:00-22:55 放送回数 13 回 連続/単発 連続
番組名 木下恵介 人間の歌シリーズ(第16作)
主な出演 松坂 慶子(1)(2)、寺田  農(1)、市原 悦子(1)(2)、宝生あやこ(1)、富田 恵子(1)(2)、小坂 一也(1)(2)、下元  勉(2)、桜井センリ(1)(2)、工藤 明子(1)、太刀川 寛(2)、永野裕紀子(2)、曽我廼家一二三曾我廼家一二三)(2)、石津 康彦(2)、山崎  猛(1)、笠井  心(1)、横田 泰代(1)、篠田  薫(2)、吉田 友紀(2)、飯田テル子(2)、地井 武男エースプロ(2)、(方言指導:山田 孝子(1)(2))(ナレーター:城  達也(1)(2))
主な脚本 木下 恵介木下 惠介)(1)(2)
主なプロデューサ 飯島 敏宏
主な演出 井下 靖央(1)(2)、鈴木 利正、(演出補:楠田 泰之(1)(2))
原作 木下 恵介木下 惠介
局系列 JNN
制作会社 (制作:木下恵介プロダクション、TBS)
制作 (制作担当:大橋  克(1)(2)、大谷  弘(1))
音楽 木下 忠司、(音響効果:下城 義行
撮影技術 (技術:島崎 孝雄(正しくは「崎」の「大」は「立」))(カメラ:倉谷 祐次)(照明:倉本 輝彦)(音声:中島  実)(カラー調整:吉野 和男
美術 坂上 建司、(美術制作:平野 裟一)(化粧:ユミビュアクス)(大道具:大和)(小道具:関西美工)(衣裳:東京衣裳)(持道具:京阪商会

Tag Cloud

木下恵介 糸子 松坂慶子 寺田農 市原悦子 昭和 ヒロイン・糸子 板前・片倉修二 池月巴 旅館 熊本放送 熊本・阿蘇 木下惠介 実力派 顔つき 阿蘇山 東洋工業 進展 建てる 結婚 狂う 木下 富田恵子 鈴木利正 花王石鹸 井下靖央 東通 飯島敏宏 宝生あやこ 横田泰代

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供